2010年03月23日

『イラク戦争の真実』

2010年3月20日、このブログでもイラク戦争から7年経ったことを書きました。


3月20日―。この日は奇しくもあの「地下鉄サリン事件」が
起きた日と重なります。

事件から15年経った節目ということでテレビでは
地下鉄サリン事件の特集がたくさん組まれていました。

かくいう私も当時10歳くらいでしたが、親の通勤ルートで起きていることだったので、
居ても立ってもいられないほど心配したことを覚えています。

被害に遭った方・ご家族にとってはいつまでも
終わることのない、忘れることのできない悲しみがあると思います。


その一方で、イラクに攻撃が始められた日でもあったことを
一体どれだけのメディアが放送したのでしょうか。

イラク戦争で多くの人が殺され、そしてその遺族が
同じように終わることのない、忘れることのできない悲しみを味わっています。

日本は無関係ではありません。
イラク戦争を支持した加害者です。

去年イギリス、オランダでは独立調査委員会が設けられ、イラク戦争の検証が行われていますが、
未だ日本ではそういった調査・検証はなされていません。
((岡田外相は今月10日の衆院外務委員会で、(イラク戦争について)「どこかで検証したい」と表明はしました))


9.11の事件以降のアフガン攻撃、イラク戦争。
テレビでは「攻撃する側」の論理と映像ばかりが流され続けました。
いくら「報復」だろうが、いくら「ピンポイント爆撃」だろうが、
それは全て「攻撃する側」の言い分です。

そこに被害者の姿はありませんでした。


イラク戦争が「大義のない戦争」であり、
日本はその戦争に加担したという責任を政府はどう振り返るのか、
注目していかなければなりません。

世界中で反対の声が上がっていたにも関わらず、
イラク戦争はなぜ始まってしまったのか、イラク戦争とは一体なんだったのか・・・。

この歴史を忘れないために2003年に作った作品があります。

『イラク戦争の真実〜被害の実相とアメリカの戦略〜』
http://www.ndn-news.co.jp/shop/pickup/031212_1.html

イラク市民の被害、アメリカの戦略、
国際社会と反対運動、日本の進路・・・。
25分にぎゅぎゅっと詰まっています。

イラク戦争の真実

この機会にぜひご覧いただけたら、と思います。


posted by ブログ担当者 at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。