2010年03月25日

上映会のやり方

DVD『どうするアンポ』をご購入いただいた方は、営利を目的としていたり100人以上の大規模な上映でなければ、どんどん上映していただいてけっこうです。ぜひ、各地で積極的に上映会を開いていただいてアンポについての問題意識を広めてください。

……とはいえ、「上映会なんてやったことがない!」「どうすりゃいいのかわからない!」という方のために、上映会のやり方をご説明します。

今回は大雑把にご説明して、機会があればさらに詳しく書きますね。

■スタッフ

一人でもできなくはありませんが、できるだけ仲間を集めましょう。平和関係の団体などに協力を求めるのもいいかもしれません。
「『どうするアンポ』を上映する会」とかいう団体を作る方法もあります。

■場所

まず、上映会をするには場所が必要です。
ご自宅に友達や近所の人を呼んでミニ上映会……というのも大いに推薦します。とはいえ、不特定多数の方に来ていただけるような上映会もアンポについての問題意識を広めるには有効です。

場所としては、上映用の設備がある公共の施設を借りるのが、いちばん簡単でお金も比較的安くすみます。

上映用の設備が無い場所に、他のところで借りてきた機材を持ち込むという方法もあります。

プロジェクターなどで投影して上映する場合は、暗幕などが付いていて会場を暗くできるかどうかもポイントです。

■機材

では、機材を借りる際に、どんな機材が必要になるかを説明します。

まず、DVDを再生するDVDプレーヤー、またはパソコンなどが必要になります。制作者としてはパソコンはあまりオススメしませんがDVDプレーヤーが用意できなければパソコンでも上映は可能です。ただし、上映会で使うパソコンで本当にDVDが再生できるかどうかは事前にチェックしましょう。

大きめのテレビで見る場合と、プロジェクターでスクリーンに投射する場合があります。10人ぐらいで見る場合は25インチぐらいのテレビでも大丈夫ですが、50人ぐらいになると、80インチ(縦124センチ×横165センチ)ぐらいのスクリーンで見たほうがいいです。

DVDプレーヤーとテレビまたはプロジェクターとをつなぐ、映像用のケーブルが必要です。
パソコンの場合はプロジェクターがパソコンに対応しているかどうかのチェックも必要です。

忘れがちなのが音声です。テレビの場合はDVDプレーヤーと音声ケーブルでつなげば大丈夫です。
プロジェクターの場合、スピーカーが付いていないプロジェクターがあります。スピーカーが付いているプロジェクターもありますが、音量が小さすぎて聞き取りづらい場合が多いです。
会場に音響設備がある場合は、DVDプレーヤーを会場の音響設備に接続できると便利です。そのための音声ケーブルが必要になります。
大きめのラジカセや、パソコン用のスピーカーの大きめのものを使う方法もあります。
いずれにしても、上映するDVDプレーヤーやパソコンと接続して音を出せるかどうかの確認が必要です。

機材をセットする際には、電源コードも必要になります。

■決めておくこと

日程と開場時間、上映開始の時間を決めましょう。
上映後、参加された皆さんといろいろ話ができる時間も作っておくとよいと思います。
上映だけではなく誰かゲストを呼んで話してもらう場合は、誰に来てもらうのかを考えます。(『どうするアンポ』ディレクターの小林やプロデューサーの立山、アシスタントの高田なども、お声がかかって交通費を出してくださって宿泊場所を確保していただければ、できるだけうかがいたいと思っています。)
会場や機材を借りたりチラシを作ったりするのに費用がかかる場合には、参加費をどれぐらいいただけばいいかを考えましょう。

■チラシ等での宣伝

チラシを作りましょう。

パソコンで作る場合、このブログに掲載してある『どうするアンポ』の文字が入った画像はチラシに使用していただいてかまいません。
パソコンが苦手な人は、誰か得意な人にチラシを作ってもらいましょう。
手書きのチラシも、パソコンで作ったよりもかえってインパクトがあっていいかもしれません。

チラシには、【日にち】【時間】【参加費】【会場の場所】などの最低限の情報を忘れずに入れましょう。作品タイトルの『どうするアンポ』も入れてくださいね。

チラシの印刷は、公共の施設などで安くできる場合があります。

印刷したら、よく行く馴染みの店や、集会場など、さまざまな場所に置かせてもらいましょう。

チラシの他に、ポスターを作ったり、地域のミニコミや新聞、インターネットなども活用しましょう。日時や会場などを教えていただければ、このブログ等にも掲載させていただきます。

■当日に必要なもの

受付・司会・上映・音声など、スタッフの担当を決めておきましょう。

アンケートを取るといいかもしれません。公表しても差し支えないものは送っていただけるとこのブログにも掲載できます。

参加費をいただく場合は、おつりの準備が必要です。

プロジェクターで上映する場合は会場を暗くするのでペンライトなどがあると便利です。

その他、配布する資料や会場に展示したい物などがあれば事前に準備しておきましょう。

上映会のようす

では、ぜひぜひよろしくお願いします。

『どうするアンポ』スタッフへのご連絡は以下からどうぞ。
http://www.asahi-net.or.jp/~uh5a-kbys/send/anpo.htm

posted by 小林アツシ(あつこば) at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 上映会のやり方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/144619596
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。