2010年04月05日

岡山の上映会で

岡山から感想が届きました。
岡山県平和委員会が行った上映会で寄せられたものです。
以下転載します。

〜〜

この前3月31日に「どうするアンポ」の上映会をしたので、感想をご紹介します。
参加は11人そのうち青年は7人(1人は高校生)でした。
高校生いて、テンションあがりました(>_<)
ちょっと長いですが、読んでみてください。

<感想>
Kさん(シニア):安保の時は子育て中。見たり聞いたりはしてた。自分の生活に安保が絡んでいるの分かってなかった。鳩山がアメリカのために基地をなんで探す!(怒)(安保)理解している人は、少ない。(昔)反対しないといけなかった。半世紀もアメリカの植民地は悔しい。

Oくん(青年):安保どんなもの?と思って参加した。実際の人の声を聞くのはインパクトある。日本に米軍がいる事が当たり前になっていると思う。沖縄の人であえて米軍の話しない。それは、怖い。米軍いらなくて、どーやって平和をつくっていくか。

Iくん(青年):普通に暮らしてたら分からない。現在の様子が分かるDVD。沖縄の人が体張ってやってる基地いらない。日本国民として基地いらないとならないといけない。年次改革要望書受け入れて、経済も握られて日本のメリットはない。

Nさん(青年):基地いる?はNO!だけど、いろんな問題があって難しい。基地があるから生活できるとか、米兵の人との子とか。日本で米軍犯罪裁けないのは、知らなかった。被害者の話を聞いて泣いてしまった。安保闘争で動いている映像は初めて見た。安保なくせるの知らない人いる。

Sくん(青年):沖縄に行った、海はきれいで暑かったけど、いい所だし、人はいい人。DVD見てきれいな面だけじゃなく基地によって苦しめられている現状がある。環境とか。核密約とか。米兵裁けないとか。普段では知らされない怖さ。裏でコソコソして、不安な気持ちになる。

Kさん(シニア):60年安保は知らない。沖縄返還の時、船同士で握手のあと、沖縄に行ったことある。機会ある毎に学びながら、アメリカが世界に戦争に行くために日本に基地をおく。密約、安保なくしたい。軍事同盟ではなく平等に。軍事は先に先に進める。国民が声をあげるべき。

Tくん(高校生):安保とか問題は聞いたことはあったけど、知らなくて理解できてなかった。友達とも(安保)の問題は話さない。自分の中では大変なことだと思う。戦争で条約できて、自分はテレビとかの情報しかなくて、裏というか。どーゆう事してるとか分かんない。日本政府は裏でやっていて。国民の知らない所でやってるのが怖い。これから基地問題とかあったら自分たちに負わされて、税金とか働いたお金とかわたって。向こう側(米兵)は、守ってやってるという意識あると思う。米兵事件は、被害者が大変。知らない事っていけない事だと思った。どんどん学んでいきたい。

Tさん(シニア):学生の時、畑田重夫さんの話で「根源は安保!」なくならないといけないと思っていた。 沖縄に行って、日本兵は日本を守ってはいなかったのを知る。それが戦争。改めて基地を抱えている沖縄で学んだ。昔、兄がベトナム戦争でどこから飛行機飛んでくる?と聞かれたが、分からなかった。密約、基地移転今まで以上に国民の注目の中大きい。地道な運動の中でしか道は開かない。

Kさん(シニア):畑田さんが「諸悪の根源は安保」と言っていたのを思い出す。DVD分かり易い。多くの人に見て欲しい。密約しっかり読んで、身近な人に話して分かってもらおうと思う。

Sさん(青年):安保は名前とかで、あんま良くない事と思っていた。DVD見て詳しく知れた。日本を守るために米軍いるって言うけど、でも日本人が被害者になってる。なんの為にいるの!?沖縄の人は、生活では米軍の事言わないのは、苦しい。東京にも基地があるの知らなかった。都心にあるとは。田舎にあるものだと思っていた。


posted by みさき at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 寄せられたご感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。