2010年06月10日

12日、高田馬場での上映会で石橋行受上人のお話と『基地はいらない、どこにも』上映

12日(土)に高田馬場の新宿区立戸塚地域センター
http://www.to1.bz-office.net/gaiyo.html
で行われる上映ですが、
沖縄からのピースウォークを敢行された石橋行受上人も参加され、お話をしていただくことになったそうです。
参考:ピースウォーク from 沖縄
http://peacewalk.xrea.jp/message.php

--------
参加費は無料

午後6時開場

午後6時30分〜
『どうするアンポ』上映(45分)

午後7時15分〜
石橋行受上人のお話

トークの流れを見て、
『基地はいらない、どこにも』上映(46分)

9時か9時半頃まで、フリートーク

という流れになると思います。
私も参加します。

『基地はいらない、どこにも』は、2007年に発売したDVDです。

日米両政府により普天間「移設」が発表されてから、名護市民投票、海上阻止行動、そして辺野古沖案の撤回からキャンプ・シュワブ沿岸案へと変わっていく課程を描いています。
また、岩国、神奈川、九州、グアムなどで基地強化に抵抗している人たちの声を取材しています。
『どうするアンポ』と併せてご覧いただけると、米軍基地の本質がよりわかると思います。

この機会にぜひご覧ください。

辺野古のフェンスに付けられたメッセージ
(クリックすると画像が拡大します)

posted by 小林アツシ(あつこば) at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 上映情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。